土用の丑の日。久々すぎるうウナギにウナる!

今日、7月29日は土用の丑の日。

夕飯にうなぎ丼を食べる。最後に食べたのはいつだっただろう、もう忘れるくらい時間が過ぎているので、その分美味しく頂いた。

一方で、今回は例年とは違う感慨を持って鰻を食べることになった。絶滅危惧種として、ニホンウナギがリストアップされたからだ。

絶滅危惧種に指定され迎えた「土用の丑の日」、あなたはうなぎを食べる?食べない?

うなぎについて知るにつれて、少なからず罪悪感が湧いてくる。

人間による捕り過ぎと海洋環境の変化も原因のようだ。保護対策の一環として、完全養殖の研究は進められているものの、市場の需要に耐えうるほどの体制にはなっていないという。

とはいえ、このままだとうなぎを食べれなく日を迎えてしまう。

世界一のうなぎ消費国の国民としてなにができるだろう?

自分としては、鰻を食べられることに感謝して、この夏を乗り切るぞーという感じでいる。

日本人としては、この危機を乗り越えて、日本の河川にうなぎが戻ってくることを祈りたい。

タイトルとURLをコピーしました