正月お年賀の手土産は何にする?

この記事は約1分で読めます。

毎年元旦と2日は両家の実家にお邪魔しているのだが、来年は何を持っていこうかと考える。

考えすぎるのはやめて、散歩がてらおチビをつれて清荒神までひとっ走りすることに。

お目当ては、きんつば!

阪急清荒神駅から山道に向かって徒歩3分。

この山道の門の手前の道沿いにある、泉寿庵 清荒神店(せんじゅあん)さん。

ここのきんつばは頻度こそ少ないものの、事あるごとに買いに来させてもらっている。

両家と自宅用に6個入りを3つ購入!

あっさり目的は達成したけれど、たいした運動にならないので、荒神様まで片道1kmの山道をハイキングすることにする。

御守りを1つ買って、おチビと参拝。

本堂前には、賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃ)があり、撫でると病気が平癒するといわれている。頭と腰回りを撫で回した後、合掌。おチビにも頭、お腹、膝を撫でさせ、来年一年の健康を祈る。大晦日から三が日にかけては、この像を撫でるのに長蛇の列ができるので、このタイミングで来れてよかった。

考えすぎずにとりあえず予めシミュレーションをして行動すれば、その後は微調整でなんとかなる。

今年も残すところ1日。

無事にいい形で年越しを迎えられるようにラストスパートしよう。

タイトルとURLをコピーしました