スウィーティーとはどんな果物?保存方法と美味しい食べ方

スウィーティーとはどんな果物?保存方法と美味しい食べ方

知り合いに「美味しいよ!」ということで、スウィーティーという果物をお裾分けしてもらいました。

今回は、スウィーティーとは、どんな果物なのか、保存方法や美味しい食べ方について紹介します。

スウィーティーとは

スウィーティーとは、グレープフルーツのような柑橘類の果物です。
大きさや形は、グレープフルーツと似ています。果皮は鮮やかな黄緑をしているのが特徴です。

同じ品種でも、産地によって呼び名が異なるとのことで、イスラエル産のものを「スウィーティー」と呼びます。
果皮と果肉の間に、白い部分が多いため、果実の大きさに対して、中の果肉はひとふた回り小さい。

スウィーティーの産地

スウィーティーは11月から2月ごろが旬の時期で、主な産地はイスラエルです。
国内では、愛媛県、岡山県などで栽培されています。

保存方法

常温で保存できます。
ただし、比較的、台所は暖かいと思うので、廊下や日の当たらない涼しい部屋に保管しましょう。

おすすめの食べ方

皮を剝いて、薄皮を剥いて一房ずつ食べるのがおすすめです。
グレープフルーツを食べるように、半分に切って、スプーンで切れ目をすくって食べることもできます。

種は小さく少ないですが、薄皮を剥かなくても食べやすいです。